たまⅡ世駅長 貴志駅勤務日&勤務時間
Working schedule of TAMAⅡ

たまⅡ世駅長 貴志駅勤務日&勤務予定(急きょ変更となる場合があります)

勤務場所
貴志駅
勤務日
お休みお休み
勤務時間
10:00~16:00
公休日
水曜日・木曜日

勤務時間についてのお問い合わせ
電話 073-478-0110(和歌山電鐵)

小嶋社長、初の著作本発刊
「日本一のローカル線をつくる たま駅長に学ぶ公共交通再生」好評発売中!!

お陰様で売れ行き好調により、1000冊、重版決定!

いちご電車グッズショップ

「日本一のローカル線をつくる」たま駅長に学ぶ公共交通再生
和歌山電鐵「いちご電車グッズショップ」または全国の書店でお買い求めいただけます。

>「日本一のローカル線をつくる たま駅長に学ぶ公共交通再生」2月15日学芸出版社より発売(代表メッセージ)

(2012年2月)

 


 

たま駅長出演フランス映画「ネコを探して」ミリアム・トネロット監督から、たま駅長へメッセージをいただきました!

 

親愛なる たま駅長へ

インターネット上で、あなたが駅長を務める貴志駅の新しい駅舎を拝見しました。
私たちが映画「ネコを探して」を撮影した頃から、なんという変化でしょう! 素晴らしい駅舎ですね、

ちょっとジブリの映画から飛び出してきたみたいにも見えるのかしら。
棟梁、職人の皆さん、完成おめでとうございます。
これは宝石ですね!  

素敵なマスコットとして親しまれているあなたは、物凄く可愛くて強いネコです。ウチのネコにはとても務まりませんよ、興奮してお客様を引っ掻いてしまいそうですから。

でも、たまちゃん、私は、素晴らしい動物としてはもちろん、あなたの果たしている役割の方にも心を打たれます。あなたは、公共サービスの新しい概念を象徴しています。利用者の満足とサービスの充実という、公共事業のビジョンを体現しているのです。貴志駅という公共スペースへの“不法滞在”という問題の解決のために、あなたを駅長に任命した小嶋社長のはからいが、その第一歩になりましたね。そのニュースは人々の心に触れ、好奇心を誘い、そしてマスコットになった。今日では、あなたは和歌山の地域経済活性化の立役者です。従業員の皆さん、鉄道員の皆さん、建設業者、売店、栽培家・・・県下の皆さんとの協働の賜物です。

あなたのおかげで、和歌山のイチゴがフランスでも有名だということを、知っていますか? 
さらに言うなら、あなたのような本物の駅長や、まるで妖精のような美しい新車両の電車、輸送の確実性といった素晴らしい特徴が、貴志駅と和歌山をつないで、「カワイイ」という日本独自の価値観をも超えているのです。

たまちゃん、あなたは単に「カワイイ」だけではないのです。ネコが持つ重要な特徴の1つを象徴している:それは機動性です。もちろん、あなた自身はいつも貴志駅に居るのですが、あなたを思うことで、どれだけ多くの人々が自由な旅に思いを馳せていることか! 

たまちゃん、あなたは「カワイイ」どころか、頼もしい鉄道エンジンなのですよ。
強くて、パワフルで、ご機嫌なエンジン。
私にとっては憧れです。  

たまちゃん、これらの業績に敬意を。そして、休日を楽しく過ごすことも忘れずにね!!!  

フランス北東の奥地アルザスより、喉を鳴らしながら・・・

2010年8月4日
映画「ネコを探して」監督
ミリアム・トネロット

 

Chère Tama,

j'ai vu sur internet la nouvelle gare de Kishi où tu officies : quel changement depuis que nous avons tourné le film "ネコを探して " !

Cette gare est magnifique, on se croirait dans un film d'animation des studios Ghibli !
Félicitations aux artisans et ouvriers qui l'ont réalisée, c'est un bijou !

Je me suis laissée dire qu'au Japon tu passes avant tout pour une mascotte bien mignonne. Et de fait, tu es une chatte fort jolie et surtout très patiente, n'importe lequel de mes chats aurait, à ta place, offert une séance de scarification aux visiteurs qui te mitraillent chaque jour.

Mais par delà ce folklore, ce qui me touche, Tama-Chan, c'est moins l'animal que le symbole. Tu représentes en effet une autre conception du service public, où le confort des usagers et la qualité de l'accueil sont la première préoccupation des investisseurs. Ta nomination clin d'oeil au poste de chef de gare partait au départ d'une volonté du président Kojima de trouver une solution à ton stationnement "illégal" sur l'espace public devant la gare de Kishi. Puis la nouvelle a ému, tu es devenu une curiosité, puis une mascotte. Aujourd'hui, tu es l'un des moteurs de l'économie de la région de Wakayama. Grâce à toi, les fraises de Wakayama sont réputées jusqu'en France : t'en rends-tu compte ? Mais surtout, un vrai chef de gare, de vrais nouveaux trains aussi beaux que féeriques, des horaires de transport assurés, bref, toute une vie qui dépasse largement le phénomène typiquement japonais du Kawaii, a pris son essor entre Kishi et Wakayama. Non Tama, tu n'es pas Kawaii. Tu n'as rien d'une peluche. Tu symbolises l'une des qualités essentielles du chat : la mobilité. Alors bien sûr, toi, tu restes à quai. Mais combien d'humains ont retrouvé leur liberté de déplacement grâce à toi ! Tu n'es pas Kawaii, Tama : tu es une locomotive. Forte, puissante, joyeuse. Autrement plus impressionnante qu'une peluche.

Alors, toutes mes félicitations pour ce parcours hors norme. Et entre nous, tu sais ce que je te souhaite ? Du repos !!!

Gros ronrons du fin fond de l'Alsace.

myriam tonelotto

 

「ネコを探して」(オフィシャルサイト)

いちご電車グッズショップ いちご電車 ホーム